<   2008年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

アイス!

暑いプーケットに似合うアイス!!
どうしてもプーケットにいると食べたくなりますよね?!

寒い時に食べるアイスが美味しい!という方もいますが、
やっぱり南国で暑い中食べるアイスが一番ですよね!

そこで、ちょっと手軽に食べられるアイスをご紹介します。
勿論値段もリーズナブルなお値段です。

ジャンクセイロンに入ってるスタンド式のアイス屋です。
ちょっと名前を忘れてしまいましたが、赤い制服を着た
可愛らしいタイ人女の子のスタッフが働いてます。

定番のアイスは、カップに入れるのですが、
バニラにオレオを砕いた物(?)が入ってるアイス、
チョコ味のアイスもあります。
今ブログを書いてる当本人のお気に入りは、
グリーンティー味のアーモンド入りです。

やっぱり日本人ですから、緑茶や抹茶味には目がないです。
ちょっとだけ日本を感じられるひとときを味わえます。

一番小さいサイズで、30B(約120円もしない)です。
中・大と三段階のサイズがあります。

ここで面白いのが、店員さんがアイスが出来上がると、
御客の目の前でひっくり返して「ほら!落ちない!」
と見せてくれます。
決まった事なんでしょうけど、いつ見ても微笑ましいですね。

たまに、違う味のバージョンも定番メニュー以外に
出している時もあります。
皆さんも暑いプーケットで、いつもと違うアイスを味わって
みて下さい。

今日もプーケットは良い天気で暑いです。
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-31 17:43 |

最近のパラダイス

皆様こんにちは!
相変わらずプーケットは暑い!
日本とは大違いですね。

皆さん常夏のプーケットへ是非是非!
遊びに来て下さいね。

さてさて、
最近のパラダイスリーフのお話。

アクアランドご自慢のポイント
パラダイスリーフ。

最大深度 12m前後。
砂地あり、珊瑚礁あり、
固有種あり。
パトンビーチからローカルボートで20分!


そして半日で2ボートダイブ出来るナイス!ダイビングサイト。

久々のダイビングの体慣らしや、早起きが苦手な方、
船酔いが心配な方。小さいお子様連れにもお勧めです。
思い立ったが吉日!12:30までの御来店で当日御参加OKです。

最近のパラダイスはベビーラッシュ。
スズメダイ・チョウチョウウオなどなど
小さい体で一生懸命泳いでます。

そこで気になるのがヘコアユ幼魚。
成魚はエメラルドビーチで良く見るのに、
何故か幼魚はパラダイスリーフで発見するのが殆ど。

最近のパラダイスでは「オオモンカエルアンコウ」が高確率で見られます。
なんだかお腹の当たりがもこもこ大きいので
もしかしたら「あかちゃん!?」かも・・・と
ちょっとワクワクしてます。

カエルアンコウの子供・・・・。
ちょっと見てみたいですね。

ある日突然面白い発見があるパラダイスリーフ。

初めての方も、
リピーターの方も、是非是非皆さん潜りにきてくださいね!
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-30 15:13 | ファンダイブ

プーケットの観光事情

プーケットに津波がきてから約3年の月日が流れました。

プーケットは観光地としては致命的なダメージを
負いながらも復興を続け、今では昔よりも町並みが
綺麗になった、お店が増えたなどの声をよく聞きます。

ヨーロッパ、オーストラリアなどから来る観光客数は
津波前の水準に戻ったとも言われていますが
日本人観光客数は以前戻っていないような気がします。

お客様からはよく「意外に日本人少ないなーー」と
いう声をよく聞きますが、実際少ないのです。

津波の時、日本でのテレビ放送が、過剰だった為に
未だにその不安を持って渡航してくる方が多く
よく質問されるのですが、その度に津波はプーケットを
丸飲みにしたわけではないんですよ、とお話しています。

津波はとても色々な偶然が重なって起きた、とても
珍しい現象だと言われています。

もうこない、とはっきり断言する事は誰もできないとは
思いますが、また来る可能性は低いと言われています。

プーケットは自然が美しく、安全で、遊ぶところも多い、
しかも物価も安いという点でみると、日本人が楽しみやすい
観光地だと思います。

津波前の水準に日本人観光客が戻るのはまだまだ先の
話しになりそうですが、日本人が多い海外が苦手な人には
今がチャンスです。

日本の戦後は苦しい経験があったからこそ
以前よりも発展できた、プーケットも同じように
以前よりも活気に満ちあふれています。

その活気あるプーケットに是非遊びに来て下さい

それでは
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-29 16:26 | プーケット

ラチャヤイ島

今回は、バンガローベイというポイントへ
行って参りました。

まず北側を潜りました。
さてさて、何が見られるかな?!?と期待を持ちながらの
エントリー。

おー!見えます。
まず二匹ほどのニジハギが私達を出迎えてくれました。

のんびり、ちょっと流れに身を任せながら進んでいると
お客さんが一番始めに気付いたのですが。。
何に?!かと言いますと、大きいという程ではないですが
少し小振りの「ナポレオン」(メガネモチノウオ)です!

おーー!!
私達と逆方向に悠々と泳ぎ去って行きました。

ユメウメイロやタカサゴの群れ、色んなインド洋固有種の魚も
見ては楽しみ。

小さな隙間から、細くて華奢なドクウツボが顔を出していました。
そして、その近くでは愛らしいミナミハコフグの幼魚がきょろきょろ
様子を伺いながらマイペースにホバリング。

横に目を向けると、何やら太い物体が目に入り、、、
その側まで寄って見てみると、太さ50㎝くらいはある
大きな太ったドクウツボが堂々と口を大きく開けて、
自分の偉大さを示すかの様に首を左右に振っていました。

一体何をどれだけ食べて、そんなに大きく育っちゃったの?!?
と思う程のBigサイズ。

浅瀬でスズメダイ系をゆっくり眺めながらの安全停止。
湾内とは言えども、色んなものが見られ、満足感たっぷりの
ダイビングでした。
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-28 11:58 | ファンダイブ

焼き卵

小腹が減ったが、菓子パンではチョットお腹がふくれるし、
スナック菓子では喉が渇きそうだし。

そんな時は”焼き卵”です。
天秤で売りに来る”焼き卵”。これ案外お勧めです。

この焼き卵、ただ普通の卵を殻付きのまま炭火で焼いてある物と、
中身がちょっと硬い茶碗蒸しのような物があります。

普通の物はゆで卵と変わりないのですが、茶碗蒸し状の物は
天秤下げのおばちゃん、おじちゃんによって味が異なり、
コショウが効いた物があれば、出汁の効いた物もあるといった具合です。
またこの卵に付ける専用の醤油があるところも笑えます。

この焼き卵1個5バーツで売っていて、おばちゃん達も
そこら辺にいるので非常に便利です。
しかし、稀に半熟の物があったりするので、お買い求めの際は
よく焼けているか確認することをお忘れ無く。

昨日も卵が食べたくなったのですが、こう言う時に限って
おばちゃん来てくれない。
わざわざ遠くまで買いに行ってしまいました。
皆さんもパトンお越しの際に是非試してみて下さい。
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-27 12:34 |

微笑みの国

皆様こんにちは。
本日も微笑みの国タイは良いお天気です。

なぜタイが微笑みの国と呼ばれているかというと
当たり前ですがタイ人がいつも微笑んでいるから。

初対面のよく知らない人に向ける笑顔。
これは他者との軋轢を生みたくないという
タイ人心理から向けられる笑顔。

上司が殺人的につまらないギャグを言った時もタイ人は微笑む。
笑ってはやらなくても微笑む。苦笑い的に。

物売りは感謝の笑顔をお客さんに向けます。
バンコクやプーケットの土産物屋のスレたタイ人の
笑顔は「ボッてやろうかうっひっひ」的な笑顔に見えますが・・・。

これらの微笑みは日本人にも共通しますよね。
外人に理解できないのが「失敗した時の笑顔」
注文の品を間違えた時、人の物を壊した時、バイクでコケた時、
あらゆる失敗場面でよくわからない薄笑いを浮かべているタイ人。
これには“ごめんね”“恥ずかしい”“許して”“大丈夫”
“やっちゃったぁ”等の様々な意味がこめられています。
しかし外人はそんなこと知る由もなく、「なんだ!ニヤニヤしやがって!」
と、怒りを買っている場面もよく見うけられます。

ブアカーオポープラムックというK1選手をご存知でしょうか。
彼は魔裟斗にダウンを奪われた時、サッ!と素早く立ち上がり
ダウンしていないフリををしていました。
そして立ち上がったブアカーオの顔にはタイ人特有の
薄ら笑いが・・・・。「ああ、世界を舞台に大活躍してても
やっぱりブアカーオもタイ人なんだ・・・・」
とわけのわからない親しみを感じた瞬間でした。
ダウンを奪われてニヤニヤ。タイ人ならではですね。

サンドイッチとフルーツシェイクを頼んだのに
炒飯と焼き鳥を持ってきてニヤニヤしているタイ人を
あまり怒らないでやってください。
「注文と違うよ」と微笑んで上げて下さい。
もしできるのなら「ああ、それでもいいよ」と
そのまま炒飯と焼き鳥を微笑んで食べてあげてください。
それが微笑みの国タイなのです。
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-26 13:47 | プーケット

オープンウォーターコース

本日のプーケットは IT's NANGOKU!!!
でございます。
ダイビング日和です。

卒業旅行シーズンにも入りつつあるのか、
学生さんの講習が多くなってきました。

学生の皆さん必見です!

ガクワリ!



1月15日から期間限定で始めました!
すでに始まってます!!!

学生のみなさ〜〜〜ん!
学生証もってアクアランドに集合です!!!

良いな〜〜〜〜学生ばっかり・・・・
とお思いのなかなか休みの取れないそこの社会人のあなた!

アクアランドはそんなあなたも応援します。

ライセンス取得2日間コース

海洋実習すべてボートダイビングで
2日間でライセンスをGET出来るのは
アクアランドだけ!

2日間だから手を抜くなんて事は
ゴールドパームの名にかけてありません!

しっかり講習致します。

学生の方も、社会人の方も
この機会に是非!!!


アクアランドへGO!!
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-25 19:03 | ライセンスコース

カップヌードル

先日カルフールに買い物に行った際、つい目に止まった物がありました。
その名も”カップヌードルジャパン”。

以前にもブログに書かれてあったと思いますが、種類はどんな物があるのか
見ていると、”テリヤキ味、豚骨味、てんぷら醤油味”。

どれも明らかに日本人の舌に合いそう無い物であるように感じられましたが、
唯一そのシリーズの中で心を惹きつけられたのが”のりかにかま味”でした。

パッケージを見ると日本の”シーフードヌードル”を想像するような
絵が描かれており、物は試しと購入を決意しました。

帰宅後早速試食です。パッケージを開けると、かにかまと海苔ではなく
わかめが具として入っておりました。

お湯を投入し待つこと1分(タイのカップ麺は1分が多いです)。
あまり期待せずに食してみると.....

美味しい!かなり日本の味がする!

思わず当たりと心の中で叫んでしまいました。
味の方は、塩ラーメンにわかめとかにかまが入っている感じです。

今まで”日本味”とか書いてある物にろくな物が無かっただけに、
これからは少しながら日本に近い味が買えると思うと、嬉しくなる私なのでした。
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-24 17:13 |

新製品

今、バンコクでは健康志向食品の大ブーム

色々な健康維持アピールの商品がコンビニに
登場しています。

その中でも今、僕が注目している商品は
「PEPTEIN]です。

c0028422_14232398.jpg


これは大豆を主原料としたプロテインが4000mg
も入っていて、これは1日に必要なタンパク質摂取量
がこれ1本で取れるという物。

味はというとオロナミンCを少し濃くしたような
さらさらの液体です。

ホントにこれにタンパク質入っているの??
と疑いたくなるのですが、僕はコンビニに行ったら
必ず買うようにしています。

値段は38バーツ。安くはないですが、値段的には
妥当かと思います。

タイに来た際には是非お試しを!!
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-23 14:25 |

タイの流行歌

皆様こんにちは。アクアランドです。
昨日からパラダイスリーフは透明度最高潮!
プーケットはダイビング日和が続いています。

さて、本日はタイ流行歌について。
タイも日本同様、アイドルや歌手は大人気です。
タイポップスはどこででも耳にしますが、どんな
内容の歌詞を歌っているかというと、ほぼ100%恋愛について。

日本は「私らしく自分の道をどうのこうの」の自分賛歌系や
「やっぱオマエが一番、こんな俺でもオマエに会えて
感謝してるんだぜほにゃら」のアンタが一番系の歌詞が人気のようですが
ここタイではふられたけど今も愛してます系がダントツ人気。

タイの歌の中ではほとんどの男女が二股をかけており、
かけられていた側は涙を流して「君の幸せのためならば」と去ったり
「昔の気持ちを思い出して」とか泣きついたりしています。
タイ男が二股懸けられて傷ついて身を引くってのは
アイドルの黄金パターンの歌詞です。
ジャニ系アイドルの涙を見てタイの女子中高生は
「キャーッ!!カワイソーーッッ!私が慰めたーいっ!」
と身悶えしているのでしょう。
どこの国の子供でも思春期って完全に頭がおかしいですよね。

実際このタイで体面を大事にするタイ男が二股かけられたり
浮気されたりしたら殺人事件に発展しかねません。
障害沙汰なら日常茶飯事なのですがなぜかそういうった
現実は歌に歌われてはいません。

日本では歌の歌詞って聴取者の共感を呼べるかがヒットの秘訣だと
思うのですが、タイ人にとって歌はお伽話なのですね。
美男2人に言い寄られ、どちらも選べないなんて歌や
自分の失恋体験を美化してくれる歌詞が大好きのようです。
こういう歌の歌詞からも国民性って伺えるんですね。
恋愛大好きなタイ人の国民性が良く出ているので
タイ好きな方はぜひタイポップス聞いてみて下さいね。
[PR]

by aqualand-diving | 2008-01-22 15:21 | プーケット