<   2007年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ラチャヤイ島 ダイビング

プーケットは犬がよろけそうなくらいな強風が
吹いております。

朝、起きるとビューと吹いて、寝る前には止む
ハイシーズン風が船をどんぶらこ、どんぶらこと
揺らして、乗っている白人が顔を更に真っ青にして海に
向かって胃液と共に昨日のご飯を放出しています。

僕達は船酔いの薬をしっかりと飲んでいるので
眠気は来るが、吐き気は来ません。

今の時期には珍しい強風、自然の摂理にはかなわない
僕達には、なすすべもなく船の中でプーケットも
日本みたいにもっと詳しく天気予報してくれと
そうすれば少しは気が楽になるのに。

1本目はサイアムベイ。何か不気味な象らしきものを
沈めているというポイント。
タイでは結構こういうモニュメントを沈めたポイント
が多いらしいが、何故海の中で陸でも見れるものを
見せようとするのかは未だわからない。

c0028422_1932665.jpg


2本目はバンガローベイ。風が強い、色々なダイビング船が
ここに避難してきていた。
細長い湾の奥にはきれいなバンガローが並んでいて
そこに宿泊している客はこぞってシュノーケルを楽しむ

c0028422_19341319.jpg


ラチャヤイ島は風が強くても逃げる場所がいくつも
あるので必ずダイビングを楽しめるポイントです。

自然を相手にするダイビングで常に完璧なコンディション
で潜るのは意外に難しいものです。

天気と風そして透明度の3つの栄光を手にいれるのは
あなたの日頃の行いと天運です

しかしアクアランドでは年末年始に向かって
この栄冠を誰でも取れやすくしていきます。

それでは お楽しみに。
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-30 19:43 | ファンダイブ

プーケット動物園。

プーケット動物園へ行ってきました。
タイはそういう所が多いのですが、
タイ人料金と外人料金があります。
観光客料金はお一人様B500也。
動物園前に降り立った途端、「外人だ!」とタイ人が
鵜の目鷹の目で寄ってきます。何を求めてるんでしょうか?
しかし特に何されるでもなくスンナリ入場。

プーケット動物園はいる動物自体は大したことないのですが
3種類のショーが1日3〜4回ずつあります。
ショーは象のショー、ワニのショー、猿のショーの3種。

象のショーはほのぼのと進行。
ほのぼのながら人を何度も踏みつけるふりをしたりもします。
この踏むフリが観衆の笑いを誘い、何とも楽しい。
タイで毎年数件ある象に踏みつぶされる圧死事故など
連想させないほんわかムードで、ショーは大喝采の内終了です。
c0028422_1626135.jpg

猿は・・・この日の猿はあまりヤル気がなかったようで
霊長類として象以下の芸をみせてくれました。
他のスタッフが行った時は「猿が一番面白かった!」とのことなので
私は猿の機嫌が悪い日に当たったのでしょう。
c0028422_16252759.jpg

ワニのショーは本気で手に汗握ります。
写真はワニを抱っこしているのですが、「ワニとキス」
「ワニの口に頭を突っ込む」なんてのがあります。
これ、ショーをやっている人はもの凄く真剣。命懸かってますから。
ただジッとしているワニをやたら棒で叩き、居合いの声を発しワニを威嚇。
芸自体も危ないですが、この人の真剣さがリアルで手に汗です。
一体どんな人生を歩んできたら、ワニの口に頭突っ込むような
職業に就くことになるのでしょうか。幸あれ。
c0028422_16264235.jpg

他には別料金でヘビやオランウータン、虎と写真を撮れたりします。
プーケットでは有名ですが、この虎と写真を撮るコーナーの
係員は片腕がありません。今回は言い出せなかったのですが、
次回行った時こそは「やっぱ虎に食われたんすかね?」と聞いてみます。
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-29 16:27 | プーケット

群れ!

パトンは今日も良い天気!

本日はアドバンスコースの講習に行って来ました。
ピークパフォーマンスの講習では、一点倒立をやったり、
前転をやったりとより中性浮力を取れるように練習するのですが、
無重力状態でのゲームに生徒さんも楽しんでおりました。

ナビゲーションの講習ポイントにパラダイスビーチに行って来たのですが、
ホソヒラアジ&コラーレバタフライフィッシュが大きな群を成しておりました。
生徒さん!群れに注目しないでコンパスに注目して下さいね!
思わず口に出しそうな位見入っておりました。

日増しに良い状況になるパトンのポイント!
午後からゆったりダイビングができ、そして魚も多い!
ホントおもしろいポイントです!
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-28 19:03 | ライセンスコース

妖艶どすぇ〜

こんにちは!
日本はあちら、こちらで雪が降っているそうで・・・・
クリスマスのイルミネーションもさぞかし美しく
輝いている事でしょう。

クリスマスツリーがあまり似合わないプーケットですが、
町ではクリスマスツリーなどの飾り付けを下お店が増え、
セールを行うお店が増えてきました。

花より団子派です。

さて、本日は魚シリーズ。
シミランバージョンです。


c0028422_18165547.jpg
















どうです?この妖艶な色遣い・・・。
なかなか真似できません。

日本名  アデヤッコ
英名   Blue−Faced Angelfish


この魚の名前の由来は
艶やかなので・・・
顔の辺りがブルーなので・・・
とそのまんま。 なんのひねりもありません。

さて、この魚シミランでも特に地形ポイントで
うっかり見ることができます。

個体数はあまり多くなく、
かなり臆病なので、見つけた!と思っても瞬時
にどこかへ行ってしまいます。

雑食性でプランクトンでも海藻でもでもなんでもござれ!
どこかの水族館では人工飼育餌の他にレタスなども与えているようです。
ヘルシーですね。

臆病者の割にはアグレッシブに動き回ります。
その距離1Km四方と言われております。

回遊魚でもないのに良く泳ぎ回ります。
なので、写真を撮ろうと追いかけると
とんでもない目に会ってしまうのでご注意を!

飼育されている個体の中にはすっかり人間に慣れてしまい、
餌をねだる者もいるとか・・・。

なかなかツボを心得てますね〜
これもアデヤッコの由来なんでしょうか!?
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-27 18:28 |

シミランクルーズ 3days

先日、ショートシミランクルーズ2泊3日(11ダイブ)に
行ってきました。

初日は6時30分パトンを出発してミニバスを飛ばして
約1時間30分でタップラムという港に到着です。

そこからスピードボートに乗り込みシミラン諸島に停泊
しているクルーズ船まで約1時間30分。

移動時間はちょっと長くて少し疲れますが、クルーズ船に
乗り込んでしまえば時間はゆっくりと流れて行きます。

初日はナイトを含めて4本ダイブです。
ガイドもゲストも緊張する1本目、でもエントリーして
下を見ると全てが見渡せるブルーの世界。

早く潜りたい! 


c0028422_19123679.jpg


シミラン全体が透明度25〜30m 水温28〜29度

海の中にいるだけで溶けていきそうな気持ちよさで
時間を忘れる 

ナイトダイブにはロブスターを持って帰りたい気持ちを
抑えながら初日終了です。

夕飯はおかずが5種類のビュッフェです。少し冷たい海風が
心地よく、初日は10時に就寝

2日目 朝6時15分起床 1本目は朝7時スタート
寝起きでいきなり水深30mの沈船にダイブ
目が一気に覚める。

c0028422_1914340.jpg


午前10時に2本目、14時に3本目、17時に4本目

そしてナイトが19時。1日に4本しか潜れないので
ナイトはキャンセルして2日目終了。

3日目 午前2本、午後1本の3本を潜って、すぐ荷物を
まとめてスピードボートに乗り込み、港まで帰ります。

あっという間の2泊3日のクルーズですが、帰る日には
やっぱり帰りたくなくなるものです。

今回は大物に出会えずちょっとがっかりしましたが
魚と地形と透明度と洋上生活が非日常を味わうことができます。

これから大物が出てくるシミランクルーズに是非
参加してみて下さいね。

c0028422_19145591.jpg


日帰りで潜って体験するのもいいかもしれませんよ
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-26 19:16 | クルーズ

ローイ カトン

昨日、プーケットではロイ カトンというお祭り?の日でした。
ロイ カトンは日本でいう灯籠流し。

バナナの葉っぱや幹で作った灯籠を願いを込めて流します。
熱気球のようなローイ コームもあげたりします。

ロイカトンについては歴史や言い伝えなどがあるそうなんですが、
パトンではカップルたちがクリスマスが早く来た!
と言わんばかりの勢いで
ラブラブで灯籠を流しておりました。

バングラ通りでは、屋台なども多数でており、
灯籠なども売っています。

タイ人はやはりお祭りが大好き!
この日の道という道は車やバイクで大渋滞。

その分、ローイ コームをあげる人も多く、
夜空には色々な人の願いを載せたオレンジ色の光が沢山瞬いておりました。

この景色はまた幻想的で綺麗でしたよ。

ロイ カトーンは毎年11月の満月の日に行われます。

来年の11月の満月は・・・・・?
是非一度皆さんも体験してみて下さいね。

今日のプーケットも晴天です!

それでは!
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-25 17:45 | プーケット

良い天気

日本では今年一番の寒気が入ってきて、大雪の便りも聞こえてきており
さぞかし寒いのでしょうね!
ここプーケットは日本の寒さを吹き飛ばすかのごとく、
ハイシーズンに突入し連日カンカン照りの良い天気!
日向にいるとあっという間に汗が噴き出るほどです!

天気が良いと言うことは絶好のダイビング日和でもあるわけです!
ローシーズンよく行くラチャ方面も日増しにコンディションが
良くなって来ております。

ラチャノイは相変わらず透明度は抜群!スコーンと抜けて本当に気持ちが良い!
ノースポイントの地形のダイナミックさもさることながら、クマザサハナムロの
蛍光ブルーの群を見ていると幻想的な世界に入り込んでしまいます。

ラチャヤイスタッグホーンものんびりとダイビングでき、こののんびりさに
誘われるがごとく、モヨウフグ&アラレフグがダイバーと
ランデブーしておりました。

これから益々コンディションが良くなるプーケット!
ダイビングの計画は思い立ったら吉日!
早く皆さんいらしてくださいね!
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-24 16:16 | ファンダイブ

シミランクルーズに行ってきました!!

今日のプーケットも良いお天気です。
朝日を浴びながら食べるボート上の朝食はおいしい!

今回のクルーズはJUNK船クルーズなので、
朝のんびりボートで朝食を食べてから下船です。

半年の休養を取ったシミランは凄い!!
透明度も平均30m!水温も29度!
これぞ常夏の国タイ! 

JUNKクルーズではロングクルーズだからこそ行ける
スリン諸島でもダイビングが出来ます。

スリンまでのクルーズがあまり無いので、
シミラン以上にサンゴが元気!
カメラ派ダイバーにお勧めです。

JUNKクルーズは夜発です。
まずは乗船。ボートやスタッフの紹介の後、
クルーズの安全を願って爆竹を鳴らし、いよいよ船が出発します。

夜の移動なので、起きたらもうシミランです。
1本目はチェックダイビングを兼ねてのんびりポイントです。



この「チャネル」というポイントには幾つかのモニュメントが置いてあります。
 


c0028422_17382672.jpg










こんな感じで並んでおいてあります。c0028422_17391143.jpg








どうですか!この透明度。
やぱりシミランはキレイですね〜〜
サンゴもこんなに元気に育ってます。

c0028422_17411938.jpg










地形ポイントも健在です。
流れもあまりなかったので、のんびりと写真を撮りながら
地形を堪能。今年はアケボノ・ハタタテハゼがあちらコチラで
発見できます! ちょっと深場なので
ダイブコンピューターはこまめにチェックしましょう。


c0028422_1815440.jpg









インド洋の固有種もタップリ見ることができます。
栄養が豊富なので、どの魚も一回りデカイ!!


今回の写真は全てお客様から頂きました!!
ありがとうございます!!!

次回は大物狙って行きましょう!

★シミランは5月中旬までの期間限定★
皆さんもぜひ!シミランクルーズへ!!
1泊からお好きな泊数を選べるショートクルーズもあります!
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-23 18:02 | クルーズ

プーケット

こんにちは、プーケットのダイビングショップアクアランド
です!

今日も天気は快晴、す、ば、ら、し、い、です。
現在日本は寒そうですがここ南国プーケットは
気温33度で皆様をお待ちしております。

原油高、サブプライム問題など厳しい課題もありますが
南国プーケットで皆さんストレス発散して下さいね。

NHKで昨日ドバイのニュースを見ていましたが
お金持ちの方々が余ったお金で高級車、ジェット(ジェット機)
を購入しているようです。

ジェットと聞いて最初のイメージは殺虫剤かと思った私をさみしく
思いました、、、、。

しかし余ったお金って??
家賃、光熱費、車のローン、食費、将来の積み立て、あ!
今月1億円余った、ワーイ、フェラーリとベントレーを
買おう!

こんな感じですかね?
おそろしい魔物達ですね、

私の現実は、、、ワーイ、今月お金が余ったからベビースター
ラーメンにお湯とお醤油で一袋食べよう!!
それか、、、納豆1人、ひとパック食べよう!!
(ちょっと極端過ぎましたか、、?)

日本も頑張って夢の様な国になることを遠くプーケット
からお祈りしています。

最後に皆様にお願いですが、余ったお金でシャー専用携帯
電話をご購入された方がいましたら是非アクアランドに
持って来て下さいね、(充電器付きで)
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-22 15:28 | プーケット

ハイシーズンのラチャヤイ島 

少しハイシーズン風が吹いているチャロン港、
暑い日差しがとても眩しいプーケット。

ダイビングの船が所狭しと桟橋に着いてダイバーを
待っています。

港から約1時間30分の航海の間は揺れることもなく
うとうとしながら島の東側に到着です。

5mの水深の底がはっきりと見える透明度は魚の姿も
色もくっきり見えて、南国の海って感じです。

1本目はベイNo2~ベイNo3に流すスタッグホーンリーフ
流れがゆっくり背中を押してくれるのでフィンキックも
気持ち動かすだけでOK.

大きなドクウツボが岩から岩へと移っていったり
コブシメが砂地に寝てたり、アカヒメジの群れがいたりと
約1時間のダイビングもあっという間です。

2本目はベイNo1〜島の北側に流す、ホームランリーフ
流れが強くなり、フィンキックはほとんど要らず
オートマチックで景色を楽しめます。

沈船の中にはゴンズイがうじゃうじゃと群れています。
この前見た時は子供だったから狭くはなかったけど
今は大人、ものすごい窮屈そうです。

他にはヨウジウオが枯れ木に擬態して砂地に寝そべって
いました。

帰りの船は更に波も無くなり港に15時に到着です。

海も陸も絶好調のプーケットに是非来てみて下さい

それでは
[PR]

by aqualand-diving | 2007-11-21 19:44 | ファンダイブ