<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ヤイ・ノイ・ヤ〜〜イ

久々のダイビング報告です。

今回ご一緒させて頂いたN夫妻。
前回、パラダイスリーフでの体験ダイビングをきっかけに、
すっかり海の魅力に取り憑かれ
福井まで行ってライセンスを取得されたという旦那様と、
AOWダイバーの奥様。

3日ご一緒させて頂きました。
まずは1日目、ラチャヤイ島2ダイブ。島までは波が大きく、
お二人ともダウン・・・。
島影に入り、テンションも上がってきました!

2日目はラチャのイ島2ダイブ。
3日間のなかで一番波がデカかった!
そんな中お二人、器用に船で熟睡。

いよいよ3日目最終日、この日はお天気にも恵まれ、
そして、リピーターのS君も加わり、
名古屋3人衆でラチャヤイ島2ダイブ。

この日が一番透明度が良かった!!
ヤイ島・ホームランリーフの沈船では
自由行動をとり、各々沈船観察を楽しんでたご様子。
N夫妻、ヨスジフエダイの群を仲よく観察。
ゴンズイの群はあまりお好きでは無いご様子。
S氏は沈船を遠目でみながら周遊。

浅場で安全停止してから浮上。

お天気がよいので、名古屋3人衆、ボート上で記念撮影。
眩しそうな顔が、お天気の良さを物語ってます。

そして、2本目スッタッグホーンリーフ。
タカサゴ・ホソフエダイの群れ!群れ!群れ!
これには私もビックリです。
タカサゴが水面から落ちてきたぁ〜!
と思ったら、目の前に数百匹のホソフエダイの群れ!

流れされながら群れを通過すると、
そこはエダサンゴの群生。新芽の部分が青白く
お花畑の様です。

ちょこちょこエダサンゴにぶつかりつつも
安全停止して、浮上。

最終日のラチャ ヤイ島でのお魚新発見!
コクテンフグはおなじみ、どこに出もいるのですが、
この写真のふぐ!真っ白です。目がみどり色。
2匹でのんびり砂地にいました。
ワカヨウジも3匹、何故か三角型に配置しており、
魚の行動が面白かったチャ ヤイ島でした。

N夫妻3日間お疲れ様でした!
今度は船で朝ご飯を食べましょう!

S君はレスキューコースに入り、スキル練習など順調に進んでおります。

明日は、どさんこ4人衆。オープンウォーターライセンス取得。
ファンダイブングの巻。
をご報告致します。


<まどか>

c0028422_18213211.jpg







c0028422_1822888.jpg






c0028422_1823132.jpg






c0028422_18234734.jpg

[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-31 18:26 | ファンダイブ

コール音

こんにちは!ずっと晴天が続いていましたが、

今日は朝から雨です。残念。

今日は携帯の呼び出し音のお話。

“着信音”ではなく“呼び出し音”。相手にかける時に

受話器から聞こえるコール音の方のことです。

普通「トゥルルルルル」って感じで音が聞こえ

相手が取るのを待つのですが、こちらの携帯界はなぜか

着メロもたいして普及していないくせに

この呼び出し音が流行歌なのです。

始めてこの“呼び出し音”に出会った人は

「どこにかけてしまったんだろう!?!」と、慌てて電話を切ってしまうと思います。

実際私も初めてこの呼び出し音を聞いた時は切ってしまいました。

しかもこれ、何も申し込んでいないのに、勝手に呼び出し音が音楽に設定されてしまうのです。

曲もいくつもあるのですが選択の自由も何もなく、勝手に設定されている。

ものすごーくダッサイ曲が自分の趣味だと思われたらどうしようというこの恐怖。

アクアランドスタッフも半分以上の人が

わけのわからないタイポップスのコール音に設定されています。

サービスか、イヤガラセか・・・難しいところです・・・。
[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-30 17:33 | プーケット

イイ男 イイ女

これまで日本とタイの違いをご紹介してきましたが
今日はタイの「イイ男」「イイ女」の定義をご紹介。

どんな人が「イイ女」かと言うと、これはもう
「色が白いこと」に決定しています。
顔立ち、スタイル、センスより何より、色白であることこそが大切です。
逆に言えばデブだったりブスだったりしても
色白でさえあればかなーりモテます。
なので色が白いだけのブサイクに、ものすごくイイ女ぶった
高慢ちきな態度を取られたりして納得いかないことしきりです。

そして「イイ男」の定義ですが、やはり色白であること。
日本でいうと「趣味、特技は勉強です」って感じの
「おい、ガリ勉、おまえ逆上がりできねえんだろ」
とか虐められるタイプの人がものすごーくモテます。
ブッサイクな色白と真っ黒なハンサムでは断然白の勝ちです。
しかし男性の場合、女性ほどには色白性を求められてはいません。
「ダムデーン(黒赤)という、少し浅黒いのが男っぽくてステキとのこと。

男の場合何よりも求められるのは経済力です。
黒人並みに黒かろうが、脂ぎった中年だろうがお金持ってるとモテます。
お金の前では肌の色などささいなことです。
20歳くらいの若い美しい女の子が、平気で5、60歳の人と結婚しちゃいます。
タイ人のお金への執着は、ちょっと日本人には理解しがたいかもしれません。

そしてなんと言っても男性で大切なのは「気前のよさ」です。
タイ人は何よりもケチを嫌います。
意中の女の子をゲットするために、どんな貧乏な男の子でも
借金してでもデートでは女の子を奢ります。

そして性別にかかわらず、大切なのは『温厚さ』です。
タイでは“短気”は大変に軽蔑されます。
ささいなことで怒る人は誰にも相手にされなくなります。
そのためタイ在住の外国人は日々タイ人に憤りを感じつつも、
笑顔で「別にいいのよ」と自分を偽り続ける日々を送ることになります。
私も大概のことには笑顔で「マイペンライ」と言えるようになりました。
こうなるまでに6年はかかりましたが・・・・。
[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-29 16:31 | プーケット

ハイファッション

こんにちは 今日はプーケットで

一番流行っているブランドを紹介したいと思います 

今、プーケットではビラボン、ディーゼル、ボンダッチ、

クイックシルバー等、日本で買うと

そこそこイイ値段する品物が破格で買えます。

写真のサーフパンツで300バーツ前後です。 

お金がない人は飛びついて買う値段なのですが

そこはタイ、すべてパチもん。 

でも外人さんもお客さんもスタッフも皆持っています。

お揃いだと恥ずかしい気がするのは

最初の1日くらいかな。なんでもありの国なのです 

堂々と売っても裁判沙汰にならないとことかぼくは大好きです。

でも流行りがあるので少し品揃えは変わってるかもしれません。

made in thai のブランドが普及する日はまだ遠そうです・・・。
c0028422_190156.jpg

[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-28 19:01 | プーケット

美味しい?


先日プーケットにはサザエがいるのか?と言う質問がありましたが、

なんとラチャノイ島のバナナベイで発見しました。
c0028422_17423595.jpg

c0028422_17384024.jpg

水深約5m、さらさらの砂地にちょこんと。

日本のサザエはつっぱりが発達していますが、こちらはツルンとしてます。

手元の図鑑で調べると「チョウセンサザエ」に似ています。

殻長6cm、奄美大島、小笠原、サンゴ礁の浅瀬と書いてあります。

トゲトゲしていないのは、穏やかな場所で生活しているからでしょうか。

重さもしっかりしていたので身も詰まっているのでしょう。

どなたか食された事ありますか?

今度市場で探してみたいと思います。

  <モリ>
[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-27 17:24 | ファンダイブ

ラチャノイ島ファンダイブ


ゲストの方は、オープンウォーターコースからファンダイブまで見事な

お天気となり、正真正銘の晴れ男さんです。


午前中のダイブはバナナベイ

このポイントの見所、真っ白で綺麗な砂地と言っておりますが

どのくらいキレイなのかを写真に撮ってみました。
c0028422_12362272.jpg

他にも浅瀬に点在するハマサンゴには沢山のイバラカンザシ

これもラチャヤイ島などではあまり見かけません。

そっと近づき指パッチンをしてみましょう!
c0028422_12375026.jpg


午後はヒンチャーン

大きな岩が陸上、水中共に積み重なっていてダイナミックなポイント

岩の上から下を覗くと40mの絶壁

そこからピョンとジャンプするのが気持ち良い(高所恐怖症でもOK?)

ただし流れがある時には控えめに遊んでください。

そして浮上ポイントで岩場を見上げると

大トカゲや映画「もののけ姫」にでてきそうな山羊さんのお出迎えです。
c0028422_15424730.jpg

他のダイビング船はまず来ないのでとても静か、

無人島なので当然人影はない(たまに物干し竿がある程度)

ラチャヤイ島からたった30分足を伸ばすだけで、

こんなにのんびりできるラチャノイ島はやっぱり最高に楽しいです。

 <モリ>
[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-26 12:39 | ファンダイブ

今 何時?

タイが異常にアバウトな国だということは、

皆さんこれまでのブログでおわかりでしょう。

しかし、日本人の皆様には信じられないようなアバウトを

ご紹介するのを忘れていました。

タイでは、朝8時と夕方6時に各テレビ局、ラジオ局が

一斉に国歌を流すんですが、時間になったからといって

各局から同時に国歌が流れてくるわけではないのです。

なぜならタイでは各局ごとに時報がバラバラだから・・・。

各局時報を大体の時間に鳴らしているので足並が揃わないのです。

こっちのテレビ欄もおかしい。

「○月○日 ○時○○分“頃”放送」とかいう書き方。

しかもけっこうな確率でウソ。

TVで流す映画も無茶苦茶いいかげん。

DVDプレーヤーで放送しているようなんですが、

タイのDVDは粗悪品が多く、途中で止まることが多々あります。

それを全国放送のTV局が平気でやっている。

しばらく待っても画像が止まったままだと、勝手に早送りして

再スタート。それでも画像が止まってばかりだと

何の説明もなく違う映画のDVDを流し始める。頭がおかしい。

私は見ていた映画がいよいよクライマックス!あと15分ほどで

映画終了、ラストはどうなるんだろう?!?!ドキドキ

というところで画像が停止。コントじゃないんだから・・・。

いきなり見たくもない全く違う映画を流されたことがあります。

頼む、ラストを教えてくれ・・・。

大体いきなり予定外の映画を流すなんて“放送権”とか、

“許可”とかどうなっているのでしょう?無視か?やりたい放題か?

流してるDVDすら海賊版なんじゃないのか?

それそこらへんの露天で買ってきて、

勝手に放送してんじゃないのか?と、問い詰めたいです。

今はDVDプレーヤーになったからまだましになりましたが

数年前まではあきらかに映画を家庭用ビデオデッキで流しており、

タイ人は事前にちゃんとするという能力を一切持っていないので

延々巻き戻しやら早送りやらも見せられたものです。

しかもテレビ画面の右上に“早送り”とか“取り出し”とかの文字まで出る。

ごく普通の家庭用プレイヤーで映画を流してるのがバレバレ。

一応テレビ局だろう、なんかないのか?

タイってほんとにアバウトですよね。
[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-25 17:54 | プーケット

オープンウォーターライセンスコース 


コース最終日の海洋実習は昨日と同じパトンビーチにて。

ロングテイルボートに乗り換え10分程でパラダイスリーフに到着。

昨日に比べて少し波が高くなったが水中は良いコンディション。

透明度も15M前後ありタカサゴ、ユメウメイロの群が

ひっきりなしに泳ぎ回っています。

チョウチョウウオも殆どの種類が見れ、今日はタテキンの幼魚も。

一瞬ですがヨコシマサワラも登場!

雨季でも雨や波がなければパトンビーチのコンディションも良くなります。

澄んだ綺麗なお水が風に乗ってやってくるのでしょうか。

c0028422_18252786.jpg


ライセンスコースの生徒さん、学科テストも高得点!

海も気持ちよさそうに泳いでいたので合格! 

明日はラチャノイ島へ初ファンダイブです!

今日も快晴のプーケットでした!

<モリ>
[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-24 18:31 | ファンダイブ

土曜はサメの日!?

昨日、土曜日はシャーク・アネモネ2ダイブの日!

約2ヶ月ぶりのマリンパーク出動です。

アネモネなんかはきっと、4ヶ月振りくらいなのでは・・・!?

シャーク見つけるぞ!と鼻息荒く、ファーストエントリー。
潮をよけつつ、溢れんばかりのイソギンチャクを鑑賞しながら
まずは深場へ・・・・。

ちょっと潮に逆らいながら岩陰を抜けたらそこは
魚!魚!魚!

気持ち悪いほどの魚群です。
まずは、イトヒキアジ数匹がビュンビュン。音が聞こえるほどです。
逃げまどう「タカサゴ」「ササムロ」のチビ軍団。
下から見上げると、魚が影になり、太陽の光が差し込み
その風景の美しさに
「ダイビングやっていてよかた〜〜」という気持ちになります。
遠くでツムブリ数匹(50cmクラス)がパトロール。
キンセンフエダイは絨毯の様に群れています。
バラクーダ3冠王も達成(オニカマス・オオカマス・タイワンカマス)               
珍しくアオヤガラまでもが群れていました。(10本位)

そして、深度を上げつつ、私たちもパトロール。

みつけましたよ! レオパードシャーク

1mちょっとですが、サメはサメです。
お客様と、近くにいた外人グループも巻き込んで撮影&観察。
大人しく、迷惑そうに寝てました。

久々のレオパードシャークに感激です。

シャークポイントはやはり人気ポイントなので、ボートも私たちの他
5艘はいました。なので、シャークは残念ながらゲットならず・・・。
ですが、魚影は相変わらず濃く、ゴマモンガラも大人しく、
のんびりダイビングする事が出来ました。

最近、アネモネ リーフに行く船が少ないので、
魚影も濃く、かなりお勧めです。
フリー潜降、中性浮力のスキルが必要となりますので、
ブランクのある方、初心者の方などは前日にヤイ島などで予行練習されると
より、お楽しみ頂けると思いますよ。

あとはテルテル坊主をお忘れ無く!

<まどか>

c0028422_15362958.jpg


c0028422_15365873.jpgc0028422_15372917.jpg










c0028422_15374421.jpg


<まどか>
[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-23 13:20 | ファンダイブ

日本の海のような賑やかさ


今日も良いお天気なので昼食を買いに行くついでにパトンビーチ
を覗いて来ました。
c0028422_16191923.jpg

ここはパトンビーチ唯一ビーチ前まで車を乗り入れる事ができます。
大通りから細い路地に入るとすぐにビーチが広がっており
左手にはシーフードレストランが軒を連ねており、南国情緒たっぷり
でご飯、一杯を楽しむ事ができます。
オンザビーチを楽しめるのもここぐらいでしょうか。

ビーチに足を踏み入れた瞬間にあちらこちらから
「こんにちは〜、ジェットスキー、パラセイリング、サーフィン!」
と声がかかります。
ビーチでのアクティビティをお考えの方は、まずここに来てみてください。
簡単にみつかるはずです。

ビーチの雰囲気もどことなく日本に似ていて、海の小物屋さん
トロピカルジュース、かき氷、なども販売しています。
お食事、マッサージ、インターネット、お土産、トイレすべて揃って
いるので1日中のんびりできます。

大通りに出る角にはバイクタクシー、トゥクトゥクもあり便利です。
目印はこのお相撲さん。
c0028422_1620847.jpg

を見て右手の路地です。

 <モリ>
[PR]

by aqualand-diving | 2006-07-22 16:22 | プーケット