ダイビング @ パトンビーチ

c0028422_18361278.jpg

やっとハイシーズンらしいお天気になりました!
観光客の数もすごい勢いで急増中です。

海の具合はと言うと、
パラダイスリーフは26日から突然きれい
になり大きなナポレオンも登場!
ここ2年近くの常連、ホソヒラアジも
絶好調!!

エメラルドビーチではヘコアユの群れ
(私なりに7匹いれば群れ、玉も0K)
この日のヘコアユの動きがあまりにも早かったのでとりあえず激写!
c0028422_18371952.jpg

アドバンスコースで行うナイトダイブでは
定番のブダイの寝顔、夜光虫も見れて
絶好調な感じ。

このまま全てが絶好調なまま
2006年を迎えられればいいですね。

<もり>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-29 18:41 | ファンダイブ

4種の神器

タイ料理といえば「ナンプラー」を思い浮かべる方も多いと思います。
実際、タイ料理のお店に入ると、かならずチリの輪切りが入ったナンプラーが
一緒に出てきます。

ただし、麺料理は別です。
ナンプラー、酢(少量のチリが入っている)、チリパウダー、砂糖 の
4つが入った調味料入れがテーブルに出ています。
この4つを上手に組み合わせて、自分好みの味に調整します。
c0028422_1382736.jpg

ラーメンに砂糖と聞くとぎょっとする人が多いのですが、
調理の時点で入れることを考えれば(タイのラーメンは
味付けがしてありません)、砂糖を入れるのもおかしくないはず!
私も砂糖を入れることには抵抗があったのですが、
アキコちゃんに「騙されたと思ってやってみて!」とあまりにしつこく言われるので
やってみたところ、コクがでてこれは美味!
それ以来必ず入れていますし、拒否する人にも同じ様にすすめています。

個人的にも好みがありますが、辛いものがダメな私は
ナンプラー2、酢1、砂糖1、チリ1/2 の配分で。
辛いものOKなアキコちゃんは、
ナンプラー3、酢2、さとう1、チリ1の配分 がお勧めです。

ぜひ「騙されたとおもって!」ためしてみてください。

<ヨーコ>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-28 12:42 |

お歳暮

プーケットにもお歳暮の習慣があります。

お世話になっている取引先や、習い事の先生方、大家さんなどなどに
わたします。

主流はクッキーの詰め合わせや、フルーツ盛り合わせなどですが、
なぜか今年アクアランドに集まったのは、フラワーアレンジメント、鉢植え、
ワイン3本、ウィスキーなどなど非常に実用的なものばかりでした。
c0028422_17513123.jpg


大体100B〜3000Bくらいとそんなに高価なものではなく、
手頃に贈りあえるのが特徴です。

ワイン、ウィスキーは忘年会でみんなでいただきます!
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-27 17:51 | プーケット

元気 プーケット!


2004年12月26日は私たちアクアランドにとって
忘れられない日となりました。
2005年12月26日の今日、あの日から1年が経ちました。

ブログでお知らせした通り現在のプーケットは
完全に復活しました。
ダイビングポイント、ホテル、ゲストハウスなど
以前と変わらないぐらい完璧になりました。

2004年12月26日にいらして頂いた数多くの
お客様が、今年もご来店下さっています。
また新規のお客様も例年どおりご来店頂いて
おります。
アクアランドにご来店頂いたお客様方に
我々スタッフは助けられました。

皆様のおかげで現在のアクアランドがあります。
これからも皆様に愛されるお店作りを目指して
いきたいと思います。

ダイビングを通してたくさんの人達と出会う事が
できました。

それが私たちの宝物です。

皆様ありがとうございます。


アクアランドスタッフ 一同   2005年12月26日
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-27 00:22 | 津波被害、その後の復興状況

メリークリスマス!

メリークリスマス!!
みなさん、どんなクリスマスをおすごしですか?

こちらは「暑い」ということもあり、まったくクリスマス気分が
もりあがりません。

最近では、スーパーやデパートが増えたので、ツリーを始めとした
飾りも簡単に買えるようになりましたが、
以前は売っているものといったら、「Merry X'mas and Happu New Year !」の
飾りのみ。
タイに旅行されたことのある方ならわかると思いますが、
商店などの軒先に飾ってあるアレです。
なぜか1年中飾ってある.......?
私が思うに、
1.ニューイヤーが、正月、中国旧正月、タイ正月(4/13)の
 3回あり、その期間ずっと飾っているから
2.意味がわかっておらず、単なるインテリアになっているから
3.めんどうくさいから、いじらない
のどれかだとは思うのですが.....。

ちなみに私たちはタイスキdeクリスマスでした。
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-24 12:11 | プーケット

日タイ交流!

c0028422_20452459.jpg

皆さん、この写真をなんだと思いますか?
現場作業中のような雰囲気ではありますが
彼らの腰周りを見てください。
だれも腰袋下げてないですね。
もちろん出初め式の練習でもありません。

これは今月末に開かれるレスキュー隊による
パホォーマンスの練習なんです。
よく見ると派手なオレンジ色の服着た人がいます。
そうなんです。
日本から来たレスキュー隊による実技指導が行われています。

そこでインタビューしてみました。
c0028422_20482432.jpg

「練習は順調ですか?」
「彼らにはまだまだ可能性があります。
もっともっとこのような機会を増やしていき
タイ全土に広めていきたいです。」
とのお返事を頂きました。

今月25日、場所はタラパトンホテル近くのビーチ
で開かれます。

皆さんお時間ありましたらぜひ彼らの頑張りぶりを
ご覧ください。

    <マドカ>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-21 20:55 | プーケット

ピピ島ってどこ?


映画[ザ・ビーチ]の撮影にも使われたピピ島。
伝説の美しいビーチは、ピピ・レ島のマヤベイがロケ地。
プーケットからスピードボートで45分、
フェリーで2時間ちょっとと意外と近い。
クラビ、プーケットからの観光スポットとしても人気があり
1日ツアーで気軽に訪れることができる。
もちろんそれだけではなく、無数にある入り江でカヤッキング
スノーケリングなどでも楽しむことができる。

ふと気になった事がある。
私も含め観光客から人気のあるピピ島。
何処にいっても観光客であふれている。
そこで地元の人達はどのぐらいピピ島のことを
知っているのだろうか。
近くにいたタイ人(近所の兄ちゃん)に早速聞いてみた。
『ねぇねぇ、ピピ島って何個の島があるの?』
『うーん、many かな!!』
『あっそうなんだ。知らないんだ・・。』
『だって行ったことないもん!』
『あっそうなんだ・・・。』
この後なんで行ったことがないのかという説明を聞かされて
なんとなく納得させられた。
何かが違う。
お次はいつも陽気なタイ人(地元では人気歌手)に質問。
『ねぇねぇ、ピピ島って何個の島があるの?』
『うーん』
『many!!!!』
かなり自信ありげな答えが返ってきた。
でもなんだかガクっときた。
次の質問。
『島に付けられている名前の由来は?』
『ブラブラブラ〜〜。』
『ありがとう!』

『おうっ、パトンの意味知ってるか?』
と逆に質問された。
『昔は何にも無かった。』
と続き
『ただの山だった。なーんにもなくて役にも
立たちそうにない木ばっかりの森だった。』
パトンの<パ>は森という意味。
<トン>は何にも役に立たないという意味。
『あっそうなんだ〜!』
タイ語を得意とするアッコさんに通訳してもらう。
そうなんです。そういう話が聞きたかったんです。
『 ありがとう!!!!』
私の名前もモリ、木が三つの森。
セイムセイム!
と言ったところで何やら用事を思い出したみたいで
彼は部屋を出ていってしまった。

ちょっと脱線してしまいましたが。
ピピ島と言っても全部で6つの島があります。
北から、ユン島、パイ島、ピピ・ドン島、ピピ・レ島
ビダ・ナイ島、ビダ・ノック島の順です。

プーケット方面からのデイトリップで良く潜るのが
ビダ・ナイ島、ビダ・ノック島、ピピ・レ島(マヤベイを見学)
おそらくディカプリオとはもう会えませんが、
切り立った山々、南国情緒溢れるヤシの木と真っ白な砂浜、
エメラルドグリーンの海など、見どころいっぱい。

今日のプーケットのダイビングは、
ラチャヤイ島では抜群の透明度の中タイワンカマスのお出迎え。
ゴマモンも気持ち良さそうにクリーニングを受けてました。

    <森>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-18 19:13 | プーケット

ナポレオン in  パラダイスリーフ

ニュースです!!
パトン湾パラダイスリーフにナポレオン出没です!!
c0028422_1325925.jpg

昨日はオープンの講習3日目。
午前中にパラダイスリーフへロングテールボートで向かいました。
パラダイスリーフの一番西のブイから潜降し、スキルを終了させ同じブイに戻ってくる時に
砂地とリーフの際を大きな緑色をした魚を発見しました。ナポレオンです!!
昨日は風があり、今にも雨が降りそうな天気だったのですが、
透明度もよく10メートル先にいたナポレオンをはっきり見ることができました。

船に戻り、シュノーケリングを楽しんでいたタイ人スタッフに、
ナポレオンみた?と聞いたところ
知らない、なに?それ?とのこと
ほら、このぐらい大きくて目が大きい魚だよ。と話すと、
あーあれね、目が大きい魚でしょ、最近パラダイスリーフの浅瀬でよく見かけるよ。とのこと

そうか、タイ人にとってはナポレオンはただの大きな魚なんですね。

オープンの講習でナポレオンが見られるなんてすごいですよね!!

りさ
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-16 13:04 | ファンダイブ

ナカレイビーチ@パトン湾


もう12月です。
なのに太陽があまりでません、、。

ここナカレイビーチはパトン湾の北側、
カリムビーチの右隣に位置します。
パトンビーチからロングテールボート(小さな木製舟)
でわずか20分。

特徴は水深3M〜10Mに広がるハードコーラル
その中でももの凄い大きなテーブル珊瑚群。
少し離れた深場には巨石群がありソフトコーラル、
ツムブリ、キンセンフエダイ、カサゴも楽しめます。
もちろん浅瀬のサンゴ礁でもたくさんのお魚達が
見れるのですが、今日はクマノミの仲間を
ご紹介したいと思います。

まずは老若男女問わず人気者のカクレクマノミ
c0028422_17322580.jpg

プーケット周辺のどのポイントでも見れます。
(ニモが流行った時にはずいぶんとお世話になりました)
オレンジの体に3本の白い線。

こちらは日本でも見られるクマノミ
c0028422_1733113.jpg

以外と気が強くイソギンチャクから離れても
威嚇をしてくる。太い2本の白い線。

ここからは日本では見られないクマノミをご紹介。
スカンクアネモネフィッシュ
c0028422_17342292.jpg

セジロクマノミと似てるが体の真ん中を通る
1本の白い線が細く鼻先から始まっている。
(私個人的な意見ですが)

トマトクラウンアネモネフィッシュ
c0028422_1735681.jpg

住むイソギンチャクも特徴的で先端が膨らみ
おしゃぶりのような格好。
ハマクマノミのインド洋型と言われ
成魚になると白い線が消え黒い紋がでてくる。
近場ではあまり見られないめずらしいクマノミ。

パトン湾のダイビングもロングテールを使って
半日ダイブが可能。
時間がない、船酔いが心配と言う人にお勧めです。

        <モリ>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-11 17:40 | ファンダイブ

最近の海情報

そろそろ今年も終わりですが、みなさんプーケットへ来る準備は進んでますか?
みなさんお忘れ物のございませぬよう!!お気をつけ下さいませ。

さてさて先週はファンダイビングや講習などで外海に行く機械が多かったので、島ごとに海情報をご報告します。これからプーケットにいらっしゃる方ポイント選びの参考にして下さいね。(ポイント別に難易度を初級者向け〜中級者向けにと分けてみました)

まず、お店近くのパラダイスリーフ&エメラルドビーチ。(初〜)
心配していた透明度の方もまずまず。白く広がった砂地の波紋がとてもきれいでした。パラダイスリーフの方は3mまではちょっと濁っていましたが、8mからは絶好調な透明度で、魚もホソヒラアジの群れやヘコアユの幼魚なども見れました。

そしてラチャノイ島。(初〜)
大きな岩がゴロゴロ転がっている地形がダイナミックな「ダイブマスターズ ロック」透明度はちょっとしらけてましたが透明度15m!!ダイナミックな地形と海の中の浮遊感を楽しみ、なだらかな砂地にサンゴが点在している「アオ マイ7」こちらは透明度20m!!砂地に光が反射して景色が奇麗でした。魚もホソフエダイの群れ、珊瑚に頭を突っ込んで隠れてるつもりのヒトヅラハリセンボンなどなどダイバーが少なかったせいか魚たちものんびりしていた気がします。バナナベイではフィリピンスズメダイやキンギョハナダイなど色とりどりの魚が珊瑚に群がっていて奇麗でした。


お次はラチャヤイ島(初〜)
ここも相変わらず船上から海底が見えちゃってるほどナイスな透明度!!NO2~スタッグホーンリーフでは今ツバメウオ(?)の幼魚がひらひらさまよっております。そしてこの日はどっから湧いてきたのかタカサゴが民族大移動をしており、ダイビングの初めから最後まで途切れることなく大移動を見ることができました。スタッグホーンにいたタイワンカマスの集団は今NO3で見ることができます。結構人なっつこくダイバーが近寄るとみんなでダイバーを巻いてくれるというサービスが受けられます。バンガローベイではイザリウオがみなさんを間抜けな顔してお待ちしております。

ピピ島(中〜)は透明度はまずまずの10m前後。そのお陰か魚影が濃いです。同じポイントなのに海の表情が全然違う「ビダ ノック」最近ではホシカイワリの集団が餌を探しにうろうろしています。そんな激しい光景の横ではクマノミ親子がイソギンチャクの上でのんびりしております。 「タートル ロック」では必ずどこかのグループがカメを見ているので、運が良ければカメがみれるかも!?


最後にキンクル・シャークポイント・ドクマイ方面(中〜)は只今幼魚フェスティバルが開催されております。
タイワンカマスの幼魚、スカシテンジクやスズメダイ各種の親子があらゆるところで見られます。
ドクマイ方面へ行かれる方は是非水中ライトのご用意を!!

最後にOWコース無事終了された方!!久しぶりに遊びにきてくれた方!AOW合格された方!!そして初めてアクアをご利用頂いたゲストの方!!ありがとうございました。またお会いできること楽しみにしています。

それでは年末年始、皆様にお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております。

<まどか>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-12-09 12:53 | ファンダイブ