アドバンスライセンスコース&ファンダイブ@ラチャヤイ島 


最近お天気も崩れがちなプーケット。
11月も半ばを過ぎるのになかなか落ち着かないお天気。
昨夜もすごい雨であちこちでお水が溢れる始末。
よって朝から泥が浮いた道路を走りながらの出勤。
たしか去年の今頃も同じ事があったような?

今回はアドバンスコースの最終日をラチャヤイ島で行い、
午後の2本目をファンダイブと合流。
ポイントはラチャヤイ島西側のバンガローベイ。
真っ白な砂地の浅瀬、砂地&ガレ場にはハマサンゴや
エダサンゴなどが点在する潜りやすい場所。

浅い砂地からダイビングスタート!c0028422_17124756.jpg
そのままサンゴの棚へ移動。
前々から噂には聞いていた
レア物<イザリウオ>を発見!

シンプソンズを思わせる風貌。




砂地に戻りハマサンゴを覆い尽くすほどのスカシテンジクダイ
かき分けると砂地に潜り込んだブルースポットスティングレー


そろそろ浮上の用意をしようと棚の方へと移動を始めるとc0028422_17134758.jpg
スタッフのマドカちゃんがちょっと来いと呼んでいます。
ウルセーナーと思いながら近付くと

こんな者が・・・。

そうか寿命か。りっぱなセムシカサゴなのに残念。
ん?違ったようです。

ただ喉にお魚を詰まらせていただけでした。

皆で妙な感心を覚えるダイビングでした。

      <森>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-26 17:20 | ファンダイブ

ハイシーズン?


11月20日ぐらいから曇りがちな天気が続いています、
もちろん風はハイシーズン風でダイビングの環境は良好なのだが、、。

今年は10月〜11月に雨が沢山降ったので乾季の水不足は
問題なさそうです、あとはあの輝く太陽さえ出てくれれば!

今日の午前中に5分だけ太陽君が顔を出したので激写しておきました。
年末年始にはお天気が続きますようにお祈りしておきます。
c0028422_15123413.jpg

社員のみんなももうすぐ全員集合です、
スタッフ一同、お客さまとお会いできる日を心よりお待ちしております。
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-25 15:14 | プーケット

タイの新硬貨

これまでタイのお金は25サタン玉、50サタン玉
1バーツ玉、5バーツ玉、10バーツ玉、
10バーツ札、20バーツ札、50バーツ札、100バーツ札
500バーツ札、1000バーツ札でした。
ここに新たに仲間が加わりました。
(現在10バーツ札は殆ど出回っていません)
それが写真の硬貨、2バーツ玉です。
タイ政府が1バーツ玉の発行を減らせるようにとあらたに導入。
確か9月あたりから世間に出回り始め、年内には普及させる計画で
発行されたものです。
今まで「2バーツ玉が出たらしい」という話を耳にしていただけでしたが
やっと本物にお目にかかれました。
発行されたというニュースを本で読み、発行当時
これはブログのネタに丁度いいや!と思い
タイ人スタッフに「ねえ、新しく2バーツ玉が出たでしょ、
写真撮りたいんだけど持ってる?」と尋ねたところ
「おう、持ってるよ」と、1バーツ玉を2枚渡されました・・・。
そんなら私も持ってますから。
「違う!2バーツ玉が発行されたんだ!年内には普及させて
1バーツ玉の発行数を減らしたい目的で新硬貨が出たんだよ!」
と懇切丁寧に説明してやったところ、
バカかお前は。タイには2バーツ玉なんてない」と一蹴されました。
自分の国の事なのに発行されたことすら知らないとは、
さすがは我がアクアランドのタイ人スタッフです!
そして今、2バーツ玉を見せつけて
「バカはお前だ。オマエの国のことだろう!!」と
言ってやれる時が来たのです。
写真は1バーツ玉と並べて裏・表の写真を載せています。
左が1バーツ、右が2バーツ玉です。
c0028422_18274590.jpg

バーン!
「ホラ、見ろ!!2バーツ玉はあるだろう!!」
この印籠が目に入らぬかとばかりに見せてやりました。
ウンとかスンとか言ってみやがれ!!






「これは1バーツ玉だ」

・・・・・・えええーーー・・・。
そうきたか。

こんな国でこんなまぎらわしい硬貨はやめておいた方がいいと思います。
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-24 18:36 | プーケット

初マンタ in Similan

シミラン5日間クルーズに行って来ました!
すごかったのはマンタ!!
シミランが10月にオープンして留守にしていたマンタが
11月の13日コボンに帰ってきました。
ボン島本日34Mまで潜り、ハタタテハゼの写真を撮り
深度をあげると20Mくらいで1M50CM以上ある
ブラックチップシャークが!!
後ろを振り向くとダイバーさんのすぐ後ろにマンタが!
c0028422_19534296.jpg

一瞬どちらを指差したらいいか迷いましたが
やっぱり待ちに待ったマンタです。
シャークそっちのけでマンタに見とれてしまいました。
かなりの流れがあったのでマンタは翼を真っ直ぐ伸ばして
流れに乗って泳いでいました。
5分くらい見とれていると姿を消し、私達はリッジから
遠く流されていました。
まだまだダイブタイム15分だったのでリッジに戻って
ダイビングを続けなければと、流れに向かいフィンキック。
5分くらい頑張りましたがリッジに戻る事は出来ず
あきらめ流されながら安全停止、浮上。
ボートに戻ると潜行時間5Mでマンタに会い流されリッジに
戻れなかったもうひとつのグループが。
今回マンタを見る事が出来たのは、私達とそのグループだけ。
流される事無くダイビングしていたグループは
マンタに出会えなかったようで、スゴイ優越感に浸っていました。
今回のクルーズでの大物はマンタとナポレオン。
小物ではオイランヨウジ、アケボノハゼ。
シャークにはなかなか出会えませんでしたが楽しいクルーズでした。

                Risa
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-20 19:54 | クルーズ

灯籠流し ローイカトン

昨日はローイカトン(灯籠流し)のお祭りでした。
ローイカトンというのは、満月の夜、
写真の灯籠にお線香3本とロウソクの立った灯籠に
1バーツと自分の髪や爪を乗せ、川に流し
今年1年あった嫌なこと、不幸を灯籠と共に流し、
来年1年の幸せを願うお祭りです。
昨夜は私もお店のスタッフと共に灯籠流しに行って参りました。
ローイカトンは通常川に灯籠を流すのですが、
パトンビーチには川がないので皆、海に灯籠を流しに来ます。
しかし、やはりそこは海。寄せては返す波のせいで
灯籠はなかなか上手く流れません。
そこでパトンビーチでは「灯籠流し屋」という独特の商売があります。
ジャブジャブと海の中に入っていき、波に押し戻されない場所まで
灯籠を流しに行ってくれる人がいるのです。
料金は特に決まっておらず、「いくらでもいいですよ」という人がほとんどです。

写真で流しているのは「ローイファイ」と言って、空に流す灯籠です。
パトンビーチは海で灯籠が流しにくいせいか、このローイファイが
とても盛んです。(他の県でもあるのかはわかりません)
このローイファイが空に昇って行く姿はとても美しく、ロマンティックです。
タイ人にとってはこのローイカトンの日は恋人同士の一大イベントで
日本のカップルでいうクリスマス並みの行事です。
(アクアランドのタイ人スタッフは“恋人がいないのに流しに行くのは
恥ずかしい”といって今年は不参加。というくらいのイベントです)
私もローカトンの場の雰囲気に呑まれて
「好きな人と灯籠流しができたらな・・・」なんて思いました。
私と一緒にいたスタッフも同じ事を思っていたでしょうが・・。
写真の灯籠は一番大きいもので、1つ150バーツでした。

私の隣にいた、白人男性と共に灯籠流しに来ていた
資本金ゼロから始められる自分の体を張って稼ぐ自営業の
タイ人女性は、本当に「心から!」という感じで熱心に
灯籠に願いを込めており、私はその姿を見て
「ああ、いつか実家に預けている子供達と一緒に暮らせますように
なんて願っているのかなあ・・・」そんな想像をして、
一生懸命に灯籠に願いを託す女性を見て、少し切ない気持ちになりました。
一緒にいたスタッフに「見て、あの女性すごく真剣にお祈りしてるね」と、
声をかけた所「一緒にいる外人の財産、根こそぎ奪えますようにとか
祈ってんスかねえ」との、ロマンも何もあったもんじゃない返答を得ました・・・。

※※PCの調子が悪く写真が取り込めませんでした・・・。
治ったら写真コッソリアップしますのでご了承下さい※※

今日のプーケットのダイビングはパトンビーチ。
なんと、エイ出没。(ブルースポットスティングレイ)
パラダイスリーフではホソヒラアジの群れが更に増殖中。
昨日はデカバラクーダも見られ、ハイシーズンに入り
増々お魚パラダイスです!!
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-17 19:31 | プーケット

タイのピーナッツ

濡れピーナッツ。
なんだか濡れ煎餅みたいに呼んでみましたが
茹でピーナッツです。
こちらでは行商のおばちゃん、おじちゃんが
玉子と共に売り歩いている、とてもポピュラーなおやつです。
日本でも濡れだか茹でピーナッツがあるそうですが
こっちのピーナッツが濡れているのは訳があります。
茹でた方が美味しい等といった嗜好の問題でなく
茹でなければ食べられない種類のピーナッツなのです。
味は日本の普通のピーナッツを茹でたら、その分水を吸って
味がボヤーっと薄くなった様な感じです。
こんな説明で「ウマそう!食べてみよう〜!!」
なんて人がいるのでしょうか?いや、いまい。
そんなマズイものではないです。やたら安いものですので
恐れず試して下さい。
c0028422_1815420.jpg

         [写真ではよくわからないでしょうが、濡れています]
私の初めての茹でピーナッツとの出会いは
初めてタイにきた時、土産物屋さんででした。
土産物を見ている私に売り子さんが
「トライ!トライ!」等と言いながら、私の手のひらに
剥いたピーナッツを2.3粒乗せてくれました・・・
生まれて初めての東南アジア、初のタイ旅行で
それまでロスやハワイで買い物三昧、そんなしごく真っ当な
典型的OL海外旅行しかしたことのなかったワタクシに
土産物屋貧乏そうなタイ人濡れた剥きピーナッツを・・・
せめて殻ごと渡して欲しかった・・・。
ごくまともな日本人OLとして、食べたフリしてそっとポッケへ。
「何で濡れたピーナッツなんて寄越すんだよ・・・タイ人て謎だ」
と、思いながら後でこっそり捨てました。

皆様の初めての茹でピーナッツとの出会いが
良きものでありますように・・・。

今日のプーケットのダイビングはパトンビーチ。
午後は雨になりましたが、相変わらず多くの魚達!
かわいいクマノミにも出合えました。
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-13 18:24 |

タイでノリ

タイでは日本もの流行りの昨今、これまでお茶やお煎餅を
このブログで紹介してまいりました。
今日ご紹介するのはタイの日本菓子の大本命!
海苔。
これまでの緑茶を名乗ったメロンジュースや
自称海苔味の味の素味煎餅とは一線を画します。
先日遊びに来てくださったお客さんにお裾分けした所
「なぜこういうものをブログで紹介しない?!」と言われ
本日のご紹介とあいなりました。
c0028422_1716311.jpg

これ、日本の海苔より大分厚めです。
食感はシャクシャク、サクサク、クリスピーです。
多分海苔を揚げているんだと思います。
食感は衣のついてない大葉の天ぷらみたいな感じです。
塩味が効いており、韓国ノリ風でもあり、
でもゴマ油の香りはないのでなんとなくしっかり日本風。
色々な海苔がお菓子として発売されていますが
私は写真のあらいぐま(?)らしき物の絵が書いてある
これ一番オススメです。
オススメ2番はチョビヒゲのおっさんの絵が書いてあるもの。
オリジナルフレーバーとスパイシーフレーバーの2種ありますが
お勧めは断然オリジナルです!!
少々かさばるかもしれませんが、とっても軽いしお土産にぴったり!
日本へのお土産に海苔って変な感じがするかもしれませんが
きっと喜ばれると思いますよ!
その他の絵の海苔菓子は取り立てたどうということのない味なので
あらいぐま海苔とチョビヒゲ海苔以外の海苔はすすめません。

このあらいぐま海苔はなぜかセブンイレブンでは売っておらず
ファミリーマートでしか見た事がないのでご注意下さい。

今日のプーケットのダイビングはパラダイスリーフ。
風が出て来てしまいましたが、水中はいつも通りの
お魚パラダイスリーフでした!
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-11 17:18 |

ナイトダイビング @ パトンビーチ


11月に入りお天気も安定してきて観光客も
しだいに増えてきて
同時に海の方も穏やかになりマリンスポーツ等で
賑やかになってきました。

今回はアドバンスドライセンスコース取得時に
選択出来るナイトダイビングをご紹介します。
c0028422_1555514.jpg
パトンビーチからボートで僅か10分でポイントへ到着。
昼間に他の選択ダイブで潜っているので安心。
最大深度も10m前後、地形も砂地とリーフの両方があるので
見れるものも色々。
主に甲殻類がご飯を食べにでてくる。
代わりに昼間活発だったお魚さん達が寝る時間です。
c0028422_15572151.jpg
普段は凶暴なゴマモンも夜はごらんの通り!








c0028422_1631264.jpg
持って行くアイテムはまず
水中ライト
あとはあって便利な
指示棒

これはウニやウミシダに触らずに水中生物を観察
するのに役立ちます。
※注 何かを叩いたり、引っくり返す為ではありません。

それとなんと言っても夜光虫の奇麗さです。
皆でライトの光を隠し目の前で手を振ると!?
c0028422_1612177.jpg


最初はドキドキするが最後には夢中になり過ぎて
浮上タイミングを忘れてしまうほど楽しい!

仕上げは水面から見上げる満天の星空と
パトンビーチの夜景でキ・マ・リ!
※注 天候による & イントラの女の子を口説かない
   ディナーはロブスター
         
        <森>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-10 16:11 | ファンダイブ

タイのお土産

c0028422_12413318.jpg

上の写真の妙な形の布、いったい何だと思います?
これ、実はタイのズボンなのです。
布の端に紐が見えますが、これをベルト(?)にして
背中側とお腹側で結べば、スカートを履いているように見えるほどの
フレアパンツに!!
c0028422_12425855.jpgc0028422_12432789.jpg
これ、シレーっと履いていますが、写真の人は170cmあります。
靴のヒールを入れたら173、4cmでしょうか。
その身長の人間が履いてこの長さです。
くるぶし下、ほぼかかとに届いています。

165cm以下の人は裾をつめないとひきずるでしょう。
安いのになかなかかっこいいパンツだと思うのですが
長過ぎるせいか外人が履いているのしかみかけません。
とっても涼しいし、着ていて楽なのですが、難点は横のスリット。
実際買って着るまでわからなかったのですが、
写真のように座ったり、歩いたりすると
太ももの上の方まで見えてしまいます・・・。
日本の若い女性ならば、わりと肌を露出するファッションを
好むと思いますので、女性へのお土産にいかかでしょうか?
または夏の部屋着としても涼しくて丁度良いですよ。

これは別に女性用の服というわけではありませんが
男の毛だらけの足が太もものあたりまで見えたりすると
周囲の人間は大変気持ち悪いので、決して履かないで下さい。
男性向けの楽〜なタイ式ズボンもありますので
「タイのお土産」としてまた次の機会にご紹介いたします。

今日のプーケットのダイビングはラチャヤイ島でした。
オープンウォーターとアドバンスコースを開催。
お天気も良く透明度なんと30Mオーバー!!
最高の環境で講習ができました。
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-06 13:12 | プーケット

タイ語の御勉強。5

みなさんこんにちは。タイ語のお勉強の時間です。
本日ご紹介するのはこちら
キーワードで覚えるやさしいタイ語会話
著:山田均 UNICOM出版 3800円+税
c0028422_1382680.jpg

この本は旅行者でなく、真面目にタイ語を
勉強する気がある人向きの本です。
私はこの本でタイ語の読み書きを覚えました。
初めてタイ語学習に触れる人が、最初にこの本を買った場合
「なにが“やさしいタイ語会話”だ!!」と
ブチキレたくなるかもしれません。
でも、ちょっと待って下さい。これは本当にいい本なんです。
じっくり読み込めば、絶対に誰にでもわかるように書かれていて
じっさいにやさしく、わかりやすく色々な説明がされています。
「タイ語会話」とタイトルにはありますが
タイ文字の説明が懇切丁寧に書かれており、
読み書きのマスターにピッタリの一冊です。
初級〜中級者向けの本で、この本一冊マスターしていれば
タイ在住の長い人にも「コイツやるな」と一目置かれるくらいの
タイ語マスターになれます。
この本はまず発音と発音記号
次にタイ文字を学び、文法に移ります。
そして本のタイトルにもなっている「タイ語キーワード」を使って
タイ語会話を勉強していくというコンテンツになっています。

皆さんタイ文字の勉強というと、あのニョロニョロコロコロした
暗号のような文字を見て尻込みしてしまうかもしれません。
でも、タイ語というのは発音が違うと全然通じないという
発音命の言語です。
その発音の仕方は全て文字をみればわかるようになっているので
文字の勉強をすると、みるみるタイ語ってうまくなるものなんですよ。

私はタイ語会話も読み書きも、全てUNICOMの本で学んだせいか
けっこうなUNICOM本の信者です。
オバカな私がタイ語を吸収できたのは全てこのUNICOMの本のおかげだと思っています。
タイ語学習をしようと思っている方にはUNICOMの本でスタートを切る事をお勧めします。
[PR]

by aqualand-diving | 2005-11-04 13:12 | タイ語