エメラルドも賑やかになってきました!!

今日はエメラルドビーチについてのご報告です。 講習でもよく使うこのエメラルドビーチ。地形は結構シンプル(!?)で砂地にサンゴが点在しているポイントです。最大深度も12M前後と浅く初心者の方でも十分に楽しんで頂けるポントです。 パラダイスリーフや外洋のポイントと違って、砂地が多いので一見地味に見そうですが、いやいや。最近エメラルドが面白くなってきています。 最近ではゴーストパイプフィッシュ(ニシキフウライウオ)の黄色い個体が発見されており、毎回見られる場所は多少違いますが、毎回のダイビングで見れています。ず〜っと居着いてくれるといいのですが・・・。 そしてヨウジウオも発見されており、ちょくちょくレアものが見つかっています。毎年ポイントの「ウリ」がかわるこのパトンゾーン。去年はウミテングが我々スタッフを楽しませてくれていました。 今年も何度かウミテングは目撃されているのでエメラルドの何処かに潜んでいるはずなのですが・・・。  まだまだ宝探しは続きます。<まどか>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-04-20 16:43 | ファンダイブ

たるんだケショウフグ。

皆様お久しぶりです。ブログの更新をなかなかしていませんでした。(スミマセン)。今日は、AOWの講習のためナカレビーチの方へ行ってみました。  ここも普段講習ではあまり行かない所で、パトン湾の右側(北側)にあるポイントです。                        今回のお題はディープとボート。もちろん1本目はディープです。 湾の先端の方からエントリーし、わしわし泳いで22Mの所までいってきました。 だだっ広い砂地の中で計算問題や色の変化、ペットボトルの中の空気の体積変化などなど・・・。スキルを終わらせてそそくさと浅瀬の方へ。 安全停止中に私達の身体にコバンザメがまとわりつきくすぐったかったです。 生徒の方と私の間をコバンザメが右往左往していて、「行き場を無くして困ってますね〜」という感じでした。                 2本目はボートなので、お水の中でのスキルはありません。ゆっくりファンダイビングです。 このナカレポイントもパラダイスビーチに負けずとも劣らないほどサンゴの奇麗なポイントです。 見られる魚はほぼパラダイスと変わりは無いのですが、今日はお腹のたるんだケショウフグが印象的でした。結構大きい方で、なおさらお腹のたるみがきになりました・・・。 別にご懐妊と言う感じでもなく産後と言う感じでもなく。 お腹に気を取られケショウフグの奇麗な模様を楽しむ時間はあまりなかったです。(機嫌を損ね逃げてしまったので)  透明度はまずまずの10M前後という感じです。 ローシーズンに入るとなかなかこのポントには入る機会が無くなってしまうので、是非GWはパトンビーチで!!   最後に今回無事AOW合格され、無事(?)飛行機に乗れた生徒の方!おめでとうございます!!! 次回お会い出来るのを楽しみにしてます。  <まどか>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-04-17 15:10 | ファンダイブ

映画撮影

c0028422_1334795.jpg
ショップの外が賑やかだなぁと思っていると
どうやら映画の撮影をしている様子。
どうせ何かのプロモーションビデオ辺りだろうと思っていましたが
「ん?!浅野忠信??」(敬称略)


c0028422_1345132.jpg撮影しているのは、
『天使の涙』『恋する惑星』のクリストファードイル氏でした。
とても気さくな人で、おしゃべりもはずみ、
ダイビングの客引きまでやってくれました。
(声をかけられた撮影スタッフは迷惑そうでした...)

c0028422_1362842.jpgどんな映画を撮影しているんですか?と尋ねた
ところなぜか大受けで
「どんな映画かって?」と大爆笑。
その後も「わーっはっはっ...
どんな映画かって...(爆)」と笑いっぱなしで結局何の映画かはわかりませんでした。

スタッフに聞いても「シナリオを読んでないのでわかりません」とのこと。
どうやらタイムービーらしいのですが......。
ショップ周辺も写っているので、公開されるのを楽しみに
しておきましょう。

c0028422_1310042.jpg

[PR]

by aqualand-diving | 2005-04-08 13:16 | プーケット

大当たり

今回のクルーズは1泊2日の短いクルーズでしたが、大当たりでした。
1日目 1本目 Kho Bon  
水面から水中を眺めると透き通るようなブルー。
潜行して東に向かうとすぐにレオパードに遭遇。今日はついているとうれしくなりました。
海が奇麗だとカスミアジの青い斑点がはっきり見える事に感動して、ぐるぐると私達の頭の上を旋回する
姿をのんびり眺めていました。
リッジをぐるーっとまわったあたりでタイ人ガイドのタンクを鳴らす音が聞こえ、
ドキドキしながら辺りを見渡すと、
来ました!!マンタです。
枝サンゴの丘の際から朝日のようゆうゆうと姿を現しました。
ダイバーを気にすることもなく我が物顔で飛びまわりリッジの先へと消えて行きました。
始めてのマンタにお客さんの声がレギュレーターを通して聞こえてきました。
2日目2本目 Deep Six
Deep Six は大きなケーブがあることで有名です。
ケーブの中って差し込む光が奇麗でそれに見とれてしまうのですが、
ちょっと立ち止まってみると以外や以外こんな所に珍しい面白い生き物を発見!!
小さな巻貝が見つからないようにひっそり隠れていました。
ケーブをぬけて南に向かうとサンゴの中にイザリウオが隠れていたり
岩穴にタコが隠れていたり
このポイント宝物探しに熱中してしまいました。
最近思うのですがいろいろ見つける人っていい目を持っているのでしょうか?
それとも第六感が働くのでしょうか?
今回のクルーズでボートが一緒になったベルギー人のおじさん。
現在インドネシアでダイビングのお仕事をされている方なのですが、バディー潜水していました。
シミランでさほど何回も潜っている訳ではないのにいろいろ見つけては、
おいで!!珍しい物があるよ。と海の中で教えてくれました。
2日目の早朝ダイビング、
(おじさん)いやーカメ2匹見つけたんだけど君たちは見たかい?
さみしい事に、ガイド誰1人としてカメは見つけていませんでした。。。。
紅海、カリブ海、インドネシアと海を点々とし仕事をしているおじさんに完敗です。
私も世界中の海を股にかけ飛び回りたくなりました。  < Risa >



 
[PR]

by aqualand-diving | 2005-04-06 13:45 | クルーズ

シミラン〜スリン  ロングクルーズ

シミラン諸島・ボン島・タチャイ島・リチュリューロック・スリン諸島を廻る5days6nightのロングクルーズに行って来ました!!!

スケジュールは以下の通りです。

1日目   PM7時パトンビーチ港着、乗船   PM8時シミランに向け出発(夜中シミラン着)

2日目  シミラン諸島でダイビング。  1本目 The Channel(no5~6)    チェックダイブもかねてのんびりとダイビング。真っ白な砂と所々にテーブルサンゴ の群生。それに群がるネッタイスズメダイ・フィリピンスズメダイ・隠れるユカタハタなどなど、そして砂地の所にはkuhl's stingray(ヤッコエイ似たエイ)が沢山いたりしてシミランの魚影の濃さと透明度の良さにゲストの方も写真を撮るのに忙しかったのでは・・・・!?   2本目 West of Sweden(no7)  3本目Anitas Reef (no6~5)   4本目(ナイト) The Channel(no5~6) 

3日目  シミラン&ボン島でダイビング           1本目 East of Eden(no7)   2本目North Point(都合によりキャンセル) 3本目コボン島  シミラン諸島の北の方にあるこのポイントは、しばしばアクアランドスタッフも大物に出会ってるポイント。秘かに大物が出るのでは無いかと期待しつつポイントへ・・・。他のダイビングボートも沢山いて、なにやら騒がしい・・・。 ディンギーの運転手が『マンタ!!  マンタ!!!』とディンギーの下を指を指して叫ぶので急いでエントリー。マンタは何処だ!!と探す事数分・・・。でました!!!マンタ!!!  一斉にタンクのたたく音が鳴り、無我夢中でマンタを激写!!  マンタは優雅にわさ〜〜〜わさ〜〜〜と私達グループの上をゆっくり泳いだり、他のダイバーの吐く泡で遊んでいたりと、マンタもダイバーと遊んでるみたいでした。 このダイビングで3匹のマンタが見れました。しかも浮上するまでずっとマンタでした。  4本目 ボン島(この時はマンタは見れませんでした)

3日目  リチュリューロックでダイビング  この日はリチュリューデーで、4本全てこのポイントで潜りました。 同じポイントで4本!?と思われるかもしれませんが、いやいや。4本じゃ物足りない位見所満載のポイントで、タツノオトシゴ・ニシキフウライウオ・イザリウオ・フリソデエビなどなどダイバーなら1度は見たいと言う魚が盛り沢山!! もちろん、クマノミ・スズメダイ・ウツボ・ハナミノカサゴなどタイならではの魚もいっぱいいますよ!!残念ながら大物は見れませんでしたが内容の濃いダイビングとなりました。

4日目  スリン諸島&タチャイ島でダイビング  1本目 Fai Waep(スリン) 2本目 Lighthouse rock(スリン) この1本目と2本目のポイントは1つの島(チ島)の両端にあるポイントで、1本目は緩やかな砂地のスロープと枝サンゴののんびりとした癒し系のポンイント。一方、島の丁度反対側にある2本目のポイントはスイムスルーが出来る岩場があったりして、結構豪快なポイント。岩と岩の間に入り頭上にある出口を見ると光がぱ〜〜〜〜〜〜っと入り込み幻想的な世界が・・・。穴から出てくるとツバメウオが数匹ず〜〜〜〜〜っと私達の後を着いてくるといった感じで、 魚もダイバーもなんだか癒される様な気がしました。 3本目Reef Ridge(スリン)    4本目(ナイト)East Beach(タチャイ島)     移動の時間を使い、クルーズに参加されてるゲストの方々と一緒に力を合わせて船に帆をあげました。いろんな国籍の方々と色んな交流が出来るクルーズでは海・食・住(?)を共にするためもうかなりナイスな連携プレーでした。帆をあげた船を激写するべくディンギーにのり船周辺を周りました。丁度夕暮れときで、夕陽と帆を張った船が奇麗でした。

5日目  スリン諸島でダイビング  1本目Boulder City 2本目 Shark Fin reef(west) 3本目Shark Fin Reef (east)  今回のクルーズでの最後ダイビング の舞台となったシャークフィンリーフではなんとナポレオンフィッシュが見れました!!!!1m位のデカイやつで、以外とすばしっこく間近で見る事は出来ませんでしたが、その迫力は十分満喫出来ました。 その後浮上し他のダイバーのエキジットを待っている間に、一人ぷっかり浮いて来て「ハンプヘッド パロットフィッシュがここに居るよ!(英語)」と興奮気味で叫ぶので、マスクを付けて海へ!!1m弱のカンンムリブダイがゆら〜〜ゆら〜〜っと水面近くを泳いでいきました。最後の最後まで油断出来ない海です・・・。 全ダイバーが船上に上がって来た所で船はパトン港に向けて出発、それぞれログブックにサインしあったり、ビール片手に談笑したり、デジカメ見せあったりと船旅を満喫していました。(夜パトン港着)

今回利用したのは『ジャンク』と言うクルーズ船で、ダイビングだけでなく船旅をも満喫出来るという豪華クルーズ船!!! 食事もおいしく、ボートのスタッフも気さくで、私自身も楽しませてしただきました。 しかも今回のゲストの方々には記念すべき100本目のダイビングだったり、初シミランだったりと記念すべきダイビングご一緒させて頂けた事、とても光栄に思います。 次回は是非ジンベイ見たいですね!!!  今回このクルーズに参加されたゲストの方、本当に有り難うございました。

(ロングクルーズの為少々文が長くなってしまいました。スミマセン) <まどか> 


 
[PR]

by aqualand-diving | 2005-04-02 11:46 | クルーズ

今月のイベント

4月は一年でも一番暑い季節になります。
イベントも盛りだくさん!です。

4月1日  日本人アーティスト「day after tomorrow」と
      チャイナドールのコンサート
      場所:パトンビーチ(クラブ・アンダマンの前のビーチ)

4月2日  VIP サッカー大会(スラゴンスタジアム)
4月6日  チャックリー王朝記念日(祝日)
4月7〜10日 1) ゲイ・フェスティバル(パトンビーチ)
       2)クリケット・トーナメント(カロン・スタジアム)
4月9日〜10日  プーケット水族館ソフトーオープン(入場無料)
4月13日     ソンクランフェスティバル(タイ正月 水掛け祭り)
          ※マイカオビーチでは恒例の海亀の放流があります。
           マイカオ海亀保護基金に寄付すると
           小亀を放流することができます。
4月15日〜16日 プーケットバイクウィーク
4月16日〜17日 タイガースキン・ゴルフイベント
            (ブルーキャニオン・カントリークラブ)
4月23〜24日  テニスフェドカップ タイ−クロアチア戦
            (パトンビーチ)

イベントの様子はブログにてお知らせしていきます。
[PR]

by aqualand-diving | 2005-04-01 12:17 | プーケット