プーケット


3月28日 現地時間で午後11時頃にプーケットで地震がありました。

震度は1〜2前後の揺れだと思います、地震による被害はプーケットではありません
また今朝のNHKの発表で津波警報は解除されています。

アクアランドのお客様の安全は確認されていますのでご安心下さい、

これからプーケットの情報がいろいろな形で発信されると思いますが正確な情報を
皆さんご理解ください。

また情報が入りましたら皆様にご連絡します。

AQUALAND 代表 長井 陽介
[PR]

by aqualand-diving | 2005-03-29 12:03 | 津波被害、その後の復興状況

JTDN 第2回 サンゴ復旧ボランティアクルーズ


みなさんこんにちは。
またまたボランティアクルーズに参加させてもらいました。
今回は、なんと日本からのボランティアダイバーが28人、水中写真家の越智さんに参加して頂きました。
プロジェクトはシーファンのタグ付けと修復後の調査、プーケットの陸上視察です。

初日は1本目にアニタズリーフでチェックダイブ。
ディープシックスで2本の作業ダイブ。
この作業ダイブが以外と大変で、基本的に流れがあるこのポイント、そして深い所にシーファンがあるためエアーとコンピューターをにらめっこしながらの作業。
前回の修復作業後に倒れてしまったサンゴを起こしたり、しっかりと保ってるサンゴにタグ付けなどを行いました。潮の流れに対して咲くシーファン、沢山の海水を受け止めなくてはいけないためしっかりと固定する必要があると改めて実感しました。

2日目の1本目はエレファントヘッドロック。
またここが凄い流れでなかなか決められた作業エリアに行く事が出来ず息切れダイブとなりました。
被害が大きかったこのポイントですが前回と比べてお魚さん達が少し戻ってきた様に感じました。
3本目はブレックファーストベンドにてファンダイブ。
ここもほぼ壊滅状態となってしまいましたが、ハードコーラルも少しずつ成長しており1ヶ月前の調査の時から5ミリほど伸びているのに驚かさせられました。
c0028422_19492352.jpg


ひもで結ばれたソフトコーラルもしっかりと着いておりこのまま根付いてくれれば嬉しいのですが。
c0028422_19481619.jpg

3日目にもう一度ディープシックスにて作業ダイブ。
ここでも沢山の倒れたシーファンを起こしてタグ付け作業。
深場での作業のため思うように進まない所もありましたが、浅場の壊れてないハードコーラルを眺めて少し癒されてから浮上。本当は頭上を泳ぐローニンやカスミアジに気を取られて作業が進まなかったのかも?

この日の最終ダイブはシミラン諸島を代表するイーストオブエデンでファンダイブ。
今までの壊れたサンゴの修復や作業ダイブでの疲れを癒してもらおうと言う事でここ。
皆さん、自由に泳ぎ回り楽しんでいる様子。
辺り一面に広がるサンゴ礁、メインになる大きなピナクルにはびっしりと生えたソフトコーラル。
美しいの一言!
c0028422_19501225.jpg


あっという間に最終日です。
ラチャヤイ島のバンガローベイで清掃ダイブ。
前回の調査で判明した湾の中央に残ったゴミを回収するのが目的。
各グループが横に広がり湾の中央を積極的に責めました。
作業風景の写真を取るとの事で僕のグループにカメラマンの越智さんが合流。
しばらくの間ゴミ集めに熱中したあと、集めておいたゴミの横に立派なカメラが落ちているのを発見。
あれ?と思い周りを見渡すとなんと越智さんが一緒になってゴミの引き上げを手伝ってくれてるではありませんか。感動の瞬間です。

各グループ共に一丸となって作業出来た事を嬉しく思い、そして今回のクルーズに参加して頂いた皆さんが少しでも水中世界に興味を持ち、そしてプーケット周辺の海のすばらしさを色々な人に伝えていってくれればと思います。
またボート上での筋トレ、柔軟体操、ヨガ教室など楽しい過ごし方も発見する事ができました。
皆さんも是非試してみてください。
c0028422_1951723.jpg


御参加頂いたボランティアダイバーの皆さん、現地スタッフの皆さん御協力ありがとうございました。

<タカシ>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-03-27 20:00 | クルーズ

透明度抜群!!!

今日は OWの講習があったのでフリーダムビーチに行って来ました!!!

このポイントはパトンビーチから船で25分位の所にあって、奇麗な白砂のとびっしりの珊瑚が特徴のポイントです。

1本目は奇麗な砂地を中性浮力を取りながら水中散歩。 今日は特別透明度が良く25m位あったので、砂の波紋がとても奇麗に感じました。

2本目はチョット船を走らせて珊瑚があるポイントに行きました。ここでは1本目のまったりとした雰囲気とは違い、魚達が急がしそうにガシガシ餌を食べてたり、パタパタパタパタと泳ぎ回ったりと騒がしい雰囲気。ミナミハコフグの幼魚が一生懸命泳いでる姿が愛らしかったです。
ツノダシ、オトメベラ、ミツボシクロスズメダイ、ネッタイスズメダイなどなどいつも見れる魚たちもこれまたいつもより光を浴びていつもより奇麗でした。

今日この奇麗な海で無事OWの講習を終えられたゲストの方、おめでとうございます!!!

<まどか>
[PR]

by aqualand-diving | 2005-03-20 12:20 | ファンダイブ

ASIMO

プーケットにASIMOがやってきました。
ホンダが開発したすごいロボットだと聞いて期待していたのですが....
もちろん、動きは今までのロボットとは比べ物にならないほど
滑らかで、階段の上り下りや、サッカー、握手もできるし、
踊ったり、何かを持つ手の動きも人間のよう!
ただ、ショーが子供向けになっており、進行役のお姉さんとのかけあいや
(ASIMOは吹き替え?によりタイ語を話します)
キャラクターの着ぐるみ、子供を舞台にあげてサッカーしたりというのを
見ていると、ロボットというより着ぐるみショーを見ている気になります。
またデパートの通路に設置された舞台も「まちかどテレビ」のようでした。
まぁ、娯楽の少ないプーケットならでは、なのかな?
子供が書いたASIMOに何をやらせたいか、という絵では
田植えをしているASIMOに思わず笑ってしまいました。
カメラを忘れたので、もらったステッカーで雰囲気が伝わるといいのですが。
c0028422_1246373.jpg

[PR]

by aqualand-diving | 2005-03-12 12:46 | プーケット

パトンマジック


今日はアドバンス(deep)の講習があったのでパラダイスリーフの深場の方へ行って来ました。
透明度も良く15M位ありました。 なかなか行く機会がないこの深場。 大きな岩がスロープ状になっていて、パトンビーチからロングテールで20分弱の場所なのに以外とダイナミックな地形。
しばらくすると奇麗な砂地があって、砂地でスキルをやっている最中、ふっと陰が・・・・。
私達の頭上周辺をジャワラビットフィッシュ、マルコバンアジ、ササムロの群れがわらわらわら〜〜〜〜っと
通過して行くではありませんか!!!!
 思わず息が荒くなってしまいました。
午前中のダイビングだったため他のボートもダイバーもいなく貸し切り状態。 
キノコ型のサンゴには雨宿りをするかの様にリュウキュウハタンポ・コラーレバタフライフィッシュ・キンセンフエダイ・ヨスジフエダイ・ミスジチョウチョウウオ・チョウハンなどなど
何時にも増して群れていました。
昨日潜った時はそんなに『群れだっ!!!」っていう団体には会わなかったはずなのに・・・・。
1日違うだけでこんなに見れる魚の種類や量が違うポイントって言うのもなかなか無い様な気がします。このパトンビーチは暦代スタッフのからも「何が起きるか分からない」と言われる程日々変化のあるポイントで、最近ではマクロ系がいろいろ居るのではないか!?と更なる可能性を秘めているパトンビーチから目が離せません!!!!!!!
[PR]

by aqualand-diving | 2005-03-10 19:25 | ファンダイブ

タイ カノム

カノムとはタイ語で「お菓子」のこと。
あちこちでいろいろなスイーツを売っています。
今日はお友達が持って来てくれた、彼女のお気に入りのカノムなのですが....

紫色の部分は牛皮っぽいもちもちした食感(味はなし)、
上にかかった黄色っぽいものはマメの皮を取り除いた様なもそもそと
した食感で、白いものはココナッツ。
全体的に味はなく(マメの味は多少あり)、砂糖をかけていただくようです。

美味しいかどうかは.........??

後日市場をのぞいたところ、マメの中身のようなものは
やはり大豆の中身だったようです。
それにしては小さいけど。

c0028422_15104532.jpg

[PR]

by aqualand-diving | 2005-03-05 15:05 |